好きなだけ

好きなことについて書きたい。ジャニとか本とか

打ち上げ花火、の考察はできなかったから感想と妄想

 

 打ち上げ花火、横から見るか?下から見るか?見てきました。何の予習もせず行ったら難しかった!!あらすじくらい読んでいくべきでした!!

自分ログだから適当なこと言うよ〜、私は頭がよくないので賢い考察はできません笑

以下、観賞後にもアニメ映画のホームページしか見ないでつらつら感想とか妄想したことのメモだよ。

ネタバレするけどストーリーの説明もしないよ

 

 

①祐介ちょうかわいい

  頭悪いって言ったでしょ??

 私はよく主人公の友達を好きになるんだけど!なんか彼やばいって!

一周目: 憧れのオンナノコにお祭りデート誘われる→逆に慄いて主人公にその役回りぶん投げる

結論、うぶいかわいい。って感じじゃん…

あの行動は後から考えたら主人公がヒロインにガチ恋でヒロインもそっちに気がありげなのを察して回したような気もするけどね。その割にはなんか態度が煮え切らないような何と言うか。まぁ一回しか見てないから知らんけど。

 

二週目以降→主人公×ヒロインルートにガチギレ

結論。くそかわ。

 

個人的にはあの話はタイムリープじゃなくてパラレルワールドだと思ってるんだけど、そう考えると彼はいざ自分が誘われると何もできないのにヒロインが他の男とくっつきそうになると滅茶苦茶に嫉妬します、と。(もしかしたら自分の友達だから?)

器ちっさ〜〜!!いかにも思春期〜〜!!かわいい〜〜!!

 

だってビジュアルがかわいいもんずるい。しかも医者の息子なのずるい(家柄が良いキャラが性癖マン)。なんかもう…中一だから相応かもしれないけど子供っぽいんだよね…。私は途中まで彼らのこと高校生だと思ってたから余計にね。

 

突き落とすのはやり過ぎだけど、そこまで頭に血がのぼる割には、いざ選ばれたらびびってナズナを無碍にするんだから、そのアンバランス感が堪らない。いやぁ祐介好きだな…。

 

 

 

②みんな大人っぽすぎる

 私は彼らのこと高校生(私立)だと思ってました。祐介パパのだから私立に行けと〜的発言であの制服で公立!?って思ったし、ナズナの16歳に見える?発言でえっ高校生じゃないの…!?って衝撃受けた。

高校生だと思ってたから、ナズナがプールで人の顔面にホースで水ぶっかけてくるシーンでなんだコイツって思ったし、母親に抵抗するの必死過ぎて軽く引いた。まさか中一だったなんてそんな…。聞き分け悪い女だな…ってイラついてごめんナズナ。中一なら分からんでもない。

 

ご覧の通りキャラ解釈に影響するのであらすじくらいは調べて行くべきだった。もしも玉〜!!もし、私が!!事前にあらすじを!!調べていたら〜〜!!

 

③ラストシーンどういうことだと思います??

 祐介がかわいい話とこの妄想がしたくてブログ書いたから。

以下、私の妄想

 

ⅰ . ナズナは転校、典道はナズナとアバンチュール

普通にifルートじゃない世界(基軸的な?)に戻っても典道はたぶん記憶あるし。ナズナは無いんだろうけど。今日1日だけ、ナズナと一緒にいます、っていう。なんかナズナなら典道が素っ頓狂言いだしても受け入れそうじゃん、そうなんだ〜?つって(偏見)。

 

ⅱ . ifの世界から戻ってこれない

 パラレルワールドを創りだすなんてこと、ノーリスクで出来るの??代償なにかしら取られてるんじゃ??それが基軸的な世界での命だったら…?っていう。うわオタクっぽい発想!!

 

ナズナと永遠に2人ぼっちもいいけど、もしも玉を使ってるのは典道だけだから、典道は1人で閉じ込められてたりしてね。if世界の最後でナズナが意味あり気な顔して上がっていったのはそこに典道を置いて行くことを知ってたから…とかね。ナズナってミステリアスでちょっとかみさまっぽい雰囲気ありませんでした?

 

ⅲ . あれはif世界の1つで祐介エンドルート

  また祐介かよ。

 最後に祐介が見てた欠片の中のやつ。典道が休んでるからナズナは祐介にしか声かけなくて、打ち上げ花火談義もなくデートして…って。プールシーンの好きだからだよ発言まともにとるのも面白いんじゃないかな〜って思ってる。好きな人と最後の思い出、みたいな。王道青春もの、みたいな。

 

ⅳ . 花火大会の日に戻ってる/もしも玉が存在しない世界

 これは友人がチラッと言ってた説(というか想像)だけど気にいったから妄想させてほしい。

 最後に玉が弾けたことでもしも玉が存在しない世界が生まれてそれが基軸になったら…って。

駆け落ちじゃなくてナズナは1人で家出して、捕まえられて町を去って行く。かな?それは寂しいなあ。

 

 

 

以上感想と妄想メモでした〜〜!!目に留めてくださった方ありがとうございました!たぶんいないとは思うけどもし最後まで読んでくださった人がいたらありがとうございます!!